産後の骨盤矯正

こんなお悩みありませんか?

産後の骨盤矯正のイラスト

  • 出産後の体型の崩れが気になる
  • 授乳の姿勢が辛い
  • 産前のズボンが履きたい
  • 産後の腰痛をどうにかしたい
  • 足がむくみやすくなった

産後骨盤矯正はどうして必要なの? 

産後の骨盤矯正

赤ちゃんを産むために、女性の骨盤は赤ちゃんの頭が通るギリギリまで開くような、身体の仕組みになっています。

骨盤そのものだけでなく、骨盤を支える周囲の骨や靭帯や筋肉も一緒に緩みますので、不安定な状態のまま放置していると、バランスが崩れ腰の痛みや体型の変化の原因になります。

産後は授乳や赤ちゃんのお世話で無理な姿勢が続きますが、骨盤がゆるんだままの状態で放置し固定されてしまうと、ますます身体に負担がかかり、痛みを抱えたまま生活しなくてはいけません。

産後骨盤矯正を受ける時期

産後骨盤矯正がおすすめ!

産後約6カ月まではホルモンの分泌によって骨盤が動きやすい状態が続きます。この間にしっかりと締めておくことが、今後の美しいスタイルを保つ秘訣になりますので、赤ちゃんのお世話で大変な時期かもしれませんが、産後できるだけ早い段階(産後一カ月を過ぎ体調の良い時から)から通っていただくことをおすすめします。

せっかく締めた骨盤が元に戻らないように、筋肉をつけるためのEMSという機器もあります。寝たまま楽に筋肉を増やすことができますので、ぜひ一度お試しください。

産後骨盤矯正バナー

産後骨盤矯正を受ける3つのポイント

産後骨盤矯正ポイント1
産後の骨盤をしっかり締めます!

産後の骨盤はある程度まで自然に締まる場合もありますが、元に戻りきれなかったり、授乳やお世話で歪んだまの状態で固定されてしまう人が多いです。接骨院という骨のプロがしっかりと骨盤を締め、その締まった状態を維持するためのお手伝いをします。

産後骨盤矯正ポイント2
お子様連れでも大丈夫!

子供が大好きなスタッフばかりです!キッズスペースも設けており、お子様連れでもご遠慮なくお越しいただけるよう配慮しております!

産後骨盤矯正ポイント3
身体に負担の少ない機器で効果を実感!

トムソンベッドで身体に負担が少ない骨盤矯正が行えます。骨盤を矯正した後、維持するための筋力トレーニングも、寝たまま楽に行える機器も充実しており、効果を実感していただけます。

産後骨盤矯正 施術方法

産後骨盤矯正の施術写真

産後の大事な時期に行う骨盤矯正は、人体の構造を勉強し国家資格を有した者がするべきだと、日進びんごや接骨院は考えます。まず、In Bodyという体組成計でご自身の現在の状態を分析し数値化します。「水分量・筋肉量・ミネラル・脂肪」などの数値化された正確な成分結果を基に、足りない部分を補うためのアドバイスや、不調の原因を探ります。

キッズスペース

また、骨盤の開きや歪みなど、自分でチェックする事が難しいのが現状です。
国家資格を有する柔道整復師が骨盤矯正をしっかりと手技で行い、その締まった状態を維持するための機器で筋肉量を増やし、美しい姿勢や骨盤をキープできるようサポートします。「産後の骨盤ベルトである程度締まっただろう」と放置せず、まずは骨格や骨のプロである接骨院にご相談ください。

産後の疲れた身体で、授乳や頻繁なおむつ替えで体力も気力も要る大変な時期です。しかし何年か後の身体のことを考え、できるだけ早い段階で骨盤を元の位置に戻すことが大切です。
産後のホルモンで骨盤が動きやすい時期に、ぜひ日進びんごや接骨院にお越しください。
産後のデリケートな身体にも優しい、トムソンベッドという機器も導入しており、負担の少ない骨盤矯正を受けることができます。

日進びんごや接骨院には、ベビーラックやキッズスペースもあります。赤ちゃんやお子様連れも大歓迎で、電話やネット予約もできますので、お気軽にご相談ください。